大きくする標準にする小さくする   お問い合せはこちらから
トップページ臨床研究情報の公開について

臨床研究情報の公開について

臨床研究情報公開と拒否機会(オプトアウト)の保障について

当院で実施される臨床研究において、国の定めた「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、侵襲、介入を要するものに対しては直接患者さんへ説明の上、同意を得る必要があります。
一方、診療情報のみを用いた研究、残余検体を用いた研究においては、研究内容の情報を公開した上で、患者さんが研究に協力を希望されない場合、その意向を尊重する機会(オプトアウト)を保障します。なお、臨床研究への協力を希望されない場合でも、以後の診療において何ら不利益を受けることはありません。
当院で実施しているオプトアウトを用いた臨床研究は下記のとおりです。
研究への協力を希望されない場合は、下記の書面内に記載されている各研究担当者までお知らせください。

 
 
研究課題名
当院における重症低血糖による救急外来受診症例の特徴に関する検討(第141号)
 
肺炎マイコプラズマ感染症患者におけるマクロライド耐性遺伝子変更の有無による重症度および抗菌薬治療の有効性の比較検討(第145号)
 

 

 





各種ご案内
病院概要
外来のご案内
当院の実績と活動
交通のご案内

職員情報
研修について
職員募集について

その他
カードの利用について
個人情報について
リンク