大きくする標準にする小さくする  

形成外科

スタッフ

常勤医

太田 真澄

医長

日本形成外科学会専門医

伊師 森葉

医員

 

 
外来のご案内
場所   受付時間 特殊外来
2階
Cブロック
午前

 月) 火) 木) 12:00〜14:30
 水) 金)予約制

◎顎顔面・唇顎口蓋裂外来
 (第1金曜日)
午後
 ※診療は13:30からです。
 ※月・火・木曜日は12:00〜14:30までの受付となり、診療は13:30からです。
 
診療内容と実績
形成外科とは、体の表面の「形の異常を治す外科」、以下のような疾患について診療しています。
生まれつきの変形(体表先天異常)
唇顎口蓋裂、耳の形や大きさの異常(小耳症、折れ耳、副耳、埋没耳など)、手足の指の数や形の異常(多指症、合指症、屈指症、強剛母指など)、臍の形成など。
顔のケガや病気(顔面外傷など)
顔面骨の骨折(鼻骨、頬骨、顎骨などの骨折)、切り傷や擦り傷、顔面神経麻痺による変形、まぶたの異常(眼瞼下垂、眼瞼外反、眼瞼内反)など。
手のケガ、病気(手の外科)
指の切断、骨折、神経や腱の損傷、靱帯損傷、ばね指、デュピュイトラン拘縮など。
やけどの治療(新鮮熱傷、熱傷瘢痕)
通院で治療できるものから入院や手術が必要なものまで対応しています。やけどによって生じた傷痕の治療も行っています。
皮膚のできもの(皮膚良性・悪性腫瘍、軟部組織腫瘍、血管腫)
年間500件以上の手術を行っています。小さなものでも必ず病理検査を行い、悪性腫瘍の見逃しがないように注意しています。切除後の傷痕や変形が最小限になるように配慮した手術を行っています。悪性腫瘍は早期のものであれば当院で治療が可能ですが 、進行例では適切な医療機関に紹介しています。
再建
乳がんの手術によって失われた乳房を新しく作る手術(乳房再建術)を行っています。また、その他の手術によって生じた組織欠損の再建術も行っています。
傷痕の治療
傷痕のひきつれ(瘢痕拘縮)や、みにくい傷痕(醜状瘢痕)、肥厚性瘢痕やケロイドなど。
治りにくい潰瘍(難治性潰瘍)
とこずれ(褥瘡)や糖尿病による足の潰瘍など。
その他
足の爪の異常(巻き爪、陥入爪)、腋臭症など。
 
 ※健康保険が適用されない美容目的の手術は行っていません。
 
2013年手術実績:698例

手術分類

入院

外来

1 熱傷

3

4

7

2 顔面外傷

5

4

9

3 唇裂・口蓋裂

6

0

6

4 手・足の先天異常、外傷

20

32

52

5 その他の先天異常

10

1

11

6 母斑・良性腫瘍・血管腫

19

438

457

7 悪性腫瘍と再建

20

36

56

8 瘢痕・ケロイド・瘢痕拘縮

6

6

12

9 褥瘡・潰瘍

5

1

6

10 美容

16

27

42

11 その他

11

18

29

合計

121

577

698

他科依頼再建手術

12

0

12

 
 


各種ご案内
病院概要
外来のご案内
当院の実績と活動
交通のご案内

職員情報
研修について
職員募集について

その他
カードの利用について
個人情報について
リンク