大きくする標準にする小さくする  

産婦人科

スタッフ

役職

氏名

医師免許

資格・役職

その他の所属学会

診療部長

おばら みきたか
小原 幹隆

1994年
取得

●日本産科婦人科学会
 産婦人科専門医、産婦人科指導医
●日本周産期・新生児医学会
 母体・胎児専門医母体・胎児指導医
 新生児蘇生法インストラクター
●日本自己血輸血学会
 学会認定・自己血輸血責任医師
●母体保護法指定医師
●医師臨床研修指導医
●日本母体救命システム普及協議会
 ベーシックコース・インストラクター
●秋田県周産期医療協議会委員
●ALSO-Japanプロバイダーコース修了
●がん診療に携わる医師に対する
 緩和ケア研修会修了

●日本産科麻酔学会
●日本自己血輸血学会
●日本胎児心臓病学会

科長

はたけやま ゆうこ
畠山 佑子

2004年
取得

日本産科婦人科学会専門医
●日本周産期・新生児医学会
 母体・胎児専門医
 新生児蘇生法Aコース認定
●日本臨床細胞学会細胞診専門医
●母体保護法指定医
●日本母体救命システム普及協議会
 ベーシックコース修了
●ALSO-Japanプロバイダーコース修了
●がん診療に携わる医師に対する
 緩和ケア研修会修了

 

科長

きとう まさひこ
木藤 正彦

2010年
取得

●日本産科婦人科学会
 産婦人科専門医
●がん治療認定医
●日本臨床細胞学会細胞診専門医
●日本周産期・新生児医学会
  新生児蘇生法Aコース認定
●ALSO-Japanプロバイダーコース修了
●医師臨床研修指導医
●がん診療に携わる医師に対する
  緩和ケア研修会修了

 

非常勤

しみず やすし
清水 靖

1990年
取得

清水産婦人科クリニック院長
日本産科婦人科学会専門医
日本生殖医学会認定生殖医療専門医

 
 
 
外来のご案内
場所   受付時間 特殊外来
2階
Cブロック
午前


11:00まで
 

◎母乳外来※要予約
 (月/木曜日 14:00〜16:00)
◎母親学級※要予約
 (火曜日 14:00〜15:30)
◎不妊外来
 (第2/4木曜日 14:00〜16:00)
午後
 ※妊婦健診は完全予約制となっています
 ※水曜日は 受付時間が午前10時までですのでご注意ください。
診察科
婦人科 小原 幹隆 木藤 正彦 畠山 佑子 木藤 正彦 畠山 佑子
産科 木藤 正彦 小原 幹隆 小原 幹隆 畠山 佑子 小原 幹隆

不妊外来
(第2,第4)

清水 靖
母乳外来 助産師 助産師
 
 
診療内容と実績
当院は地域周産期母子医療センターに指定されており、秋田県では秋田市の秋田赤十字病院(総合周産期母子医療センター)および秋田大学医学部付属病院に次ぐ第三のハイリスク妊娠管理施設となっています。また、日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設、日本周産期・新生児医学会指定研修施設(母体・胎児領域)にも指定されています。
地域周産期医療の中核施設として、県南地区の産科施設よりハイリスク妊婦紹介や緊急母体搬送を受け入れており、新生児の専門医師とともにハイリスク妊婦、未熟児や異常新生児の診療にあたっています。
 
 
産科の診療内容
1.胎児診断
@ 出生前診断 :4D超音波断層機器を用い 、超音波検査、超音波ドプラ法による胎児血流検査、などにより胎児の形態および機能評価を行っています。
※診療時間に余裕がある場合には 、外来で赤ちゃんの4D画像を追加料金なしでご覧いただけます。
A 羊水染色体検査 :ご希望の方に、妊娠16週頃に羊水を採取して染色体検査を行っています 。当院以外で妊婦健診を受けられている方は事前に電話でご相談ください。費用は約8万円です。
※新型出生前診断(無侵襲的出生前遺伝学的検査; NIPT)およびクアトロテストは行っておりません。
2.早産予防
@ 早産の再発予防 :前回の妊娠が後期流産(妊娠12〜21週)や早産であった方には特別な管理を行い、早産の予防に努めています。
A 絨毛膜羊膜炎の羊水診断 :腟から子宮内に細菌や真菌が入り込んで炎症を起こした状態が絨毛膜羊膜炎です。これは高率に早産を引き起こすだけでなく 、胎児感染や胎児脳障害の原因ともなることがあります。絨毛膜羊膜炎を正確に診断するために、必要と判断された方には羊水検査を行っています。
3.他科疾患合併妊娠
  糖尿病、腎臓病、心臓病、自己免疫疾患など、妊娠に影響を及ぼす疾患をお持ちの方に対しては、専門の医師(当院に専門医がいない場合は大学病院から派遣された専門医師)と連携して診療を行なっています。
4.骨盤位外回転術
  骨盤位(さかご)の場合は、ご希望の方に外回転術を行っています 。成功率は約80%です。
妊娠37週頃に入院して頂き、脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔(CSEA)および子宮収縮抑制剤を併用し、万が一に備えて手術室で行うことを原則としています(外来で行うこともあります) 。当院以外で妊婦健診中の方にも、外回転術のみを行っています(かかりつけの先生からの紹介状が必要です)。無事に逆子が治ったら、かかりつけの病院・医院に戻ってお産することができます 。不成功の場合はそのまま帝王切開を行っています。
なお、骨盤位外回転術を行わず、はじめから帝王切開を選択することもできます。
5.無痛分娩
 

当院では、ご希望の方全員に硬膜外麻酔や脊髄くも膜下麻酔を用いた無痛分娩を24時間365日提供しています。勿論、医学的に無痛分娩が望ましいと判断された方(高血圧,心臓病などの方)にも行っています 。 自然に陣痛が来てから無痛分娩にすることをお勧めしていますが(より安産になりやすいため)、無痛計画分娩(陣痛が来る前に麻酔をしてから陣痛促進剤で人工的にお産にすること)も可能です 。また、事前に予定のない方でも陣痛に耐えられなくなってから急遽無痛分娩を選択することができます(24時間対応です)。
経腟分娩予定の産婦さんの約3割(2013年32.2%、2014年27.7%、2015年27.0%、2016年36.5%)の方が無痛分娩を選択され 、年間90〜100件程度を実施しています。
麻酔は産婦人科医が行います。当科では無痛分娩だけでなく帝王切開麻酔のほぼ全ても産婦人科医が行っており、常勤医3名全員が無痛分娩に対応可能です 。
料金は3万円です(別途薬品代1,000〜3,000円程度;2018年2月現在)。

6.帝王切開への夫の立ち会い
 

担当医が許可した場合に限り、ご希望の方には帝王切開でも夫立ち会いを行っています 。母児の安全のため様々な制約があることをご理解ください。

7.帝王切開術後の早期回復支援
 

当科では帝王切開術後の早期回復支援に取り組んでいます。
早期回復には手術後の痛みをゼロに近づけることが重要と考え、術後硬膜外持続注入(術後2日目まで) 、術後早期からの鎮痛剤内服(2種類の鎮痛剤を組み合わせています)、という二つの痛み止めを行っています。それでも痛い場合に備えて坐薬、注射(筋肉注射は痛いので可能な限り静脈注射)を準備していますが 、必要になることはあまりありません。また、手術の翌朝から硬膜外麻酔を行ったまま初回歩行を行っていますので、痛みを我慢しながら歩く必要はありません。
また、絶飲食の時間が長すぎることも術後回復の妨げになるため 、手術当日朝にもご希望の方にはゼリーを中心とした軽い朝食を召し上がって頂き、手術の2-3時間前まで水分を摂ることができます(2013年9月〜)。また、原則として手術直後から水分摂取を許可しており 、水分を摂っても吐き気がなければすぐに食事を許可しています。手術中から手術後の吐き気予防を行っていますので、ほとんどの方は帝王切開当日夜から普通の食事をされています (2015年7月〜)
通常、帝王切開の6日後に退院予定としていますが、経過が良く手術後4-5日目に退院される方もいらっしゃいます。早期退院をご希望の方はスタッフまでお申し出ください。

8.帝王切開後の経腟分娩(TOLAC)
 

当科では、帝王切開を受けたことがある妊婦さんには基本的に帝王切開をお勧めしています。これは帝王切開を受けたことがある方は、経腟分娩時に 「子宮破裂」という母児にとって非常に危険な病気が起こる可能性があるためです(1%弱) 。万が一子宮破裂が起こっても十数分以内に帝王切開で赤ちゃんを娩出できれば問題ないとされていますが、当院では 時間帯によっては30分以上かかってしまいます。このため経腟分娩をご希望の方は、十数分以内に帝王切開で赤ちゃんを娩出できる病院でお産された方が安全です。

9.自己血輸血
 

当科では多量出血のリスクが通常より高いと予想される妊婦さんには、同種血輸血の副作用を回避するために積極的に自己血輸血をお勧めしています 。当院では、自己血輸血をより安全に行うために、保存前に白血球を除去できるフィルター付採血バッグで自己血採血を行っています 。このバッグを使用することによる追加料金はいただいておりません。

※妊婦健診や里帰り分娩、LDRなどについては「産科からのお知らせ」をご参照ください。
 
婦人科の診療内容
婦人科一般疾患、不妊症、更年期障害など婦人科疾患全般を取り扱っています。子宮頸がん検診、子宮体がん検診、卵巣腫瘍検診も随時受け付けています。秋田大学より専門医の先生を招聘して腹腔鏡下手術を行っていますので、ご希望の方は担当医にご相談ください。
 
 
診療内容と実績
<産婦人科統計(2017年1月1日〜12月31日)>

分娩件数(妊娠22週以降) 430件

分娩様式(児)*1

出生体重(児)*2

出生週数(件)*2

その他(件)

自然分娩

295

1499g

0

妊娠2831

0

双胎

10

吸引分娩

61

15001999g

4

妊娠3233

0

無痛分娩

106

鉗子分娩

3

20002499g

39

妊娠3436

24

28.5(%)

骨盤位分娩

1

25003999g

391

妊娠3741

404

死産

2

帝王切開

80

4000g

4

妊娠42週〜

0

TOLAC *3

0

438

438

428

 

*1 死産児を含む *2 死産児を除く
*3 TOLAC:以前帝王切開を受けた方が経腟分娩にトライすること
 
 

手術件数 131件

婦人科 47件

産科 84件

良性腫瘍(開腹)

22

円錐切除術

10

帝王切開

74

良性腫瘍(内視鏡)

5

悪性腫瘍手術

4

骨盤位外回転術

9

腟式手術

3

その他

3

子宮頸管縫縮術

1

 

ハイリスク妊婦の受け入れ 111件

外来紹介 77件

母体搬送 34件

合併症妊娠

16

切迫流早産、子宮頸管無力症

20

骨盤位(外回転術の依頼)

15

PIH

2

胎妊娠

15

尿路感染症

2

羊水染色体検査希望

12

胎児異常

3

切迫流早産

7

NRFS

1

低置胎盤・前置胎盤

4

羊水過少

1

FGR

3

その他

5

胎児異常の疑い 3    

その他

2

 

 

※母体搬送:救急車による搬送、および紹介当日中に入院となったもの
 

当院からのハイリスク妊産婦紹介 16件

外来紹介 5件

母体搬送 10件

秋田大学医学部付属病院

(胎児異常 2、合併症妊娠 1)

3

秋田赤十字病院

(切迫流早産 6,不均衡双胎,PIH 2)

9

秋田赤十字病院

(子宮頸管無力症)

1

秋田大学医学部付属病院

(胎児異常疑い)

1

その他

1

   
 
診療内容と実績(2016年) :2016年の統計
診療内容と実績(2015年) :2015年の統計
診療内容と実績(2014年) :2014年の統計
診療内容と実績(2013年) :2013年の統計
診療内容と実績(2012年) :2012年の統計
診療内容と実績(2011年) :2011年の統計
診療内容と実績(2010年) :2010年の統計
 
 
業績(原著論文)
  1. 小原幹隆, 畠山佑子.当院における地域周産期母子医療センターの現状と課題.秋田県産科婦人科学会誌 2017;22:3-8.
  2. 高橋玄徳, 小原幹隆, 三浦喜典.経腟分娩しえた常位胎盤早期剥離による子宮内胎児死亡の2例.秋田県産科婦人科学会誌 2016;21:33-36.
  3. 小野寺洋平, 小原幹隆, 三浦喜典.CAOSが原因と考えられた一過性羊水過少の一例.秋田県産科婦人科学会誌 2015;20:37-40.
  4. Obara M, Hatakeyama Y, Shimizu Y. Vaginal Myomectomy for Semipedunculated Cervical Myoma during Pregnancy. AJP Rep. 2014 May; 4(1): 37-40.
  5. 菅原和江, 小原 幹隆, 三浦 喜典.当科における後期流産症例の検討.秋田県産科婦人科学会誌 2014;19:9-13.
  6. 小原幹隆,寺田幸弘.秋田県における帝王切開麻酔の現状.日本周産期・新生児医学会雑誌 2013;49(3):990-993.
  7. 今野めぐみ, 三浦喜典, 小原幹隆, 斉藤昌宏, 高橋さつき.子宮腺筋症を母体に発生した子宮内膜増殖症の1症例.秋田県産科婦人科学会誌 2013;18:35-38.
  8. 畠山佑子, 高橋さつき, 後藤利明, 佐々木久幸, 高橋雅之, 高橋寿明, 小原幹隆, 清水靖, 三浦喜典, 齊藤昌宏.卵巣悪性ブレンナー腫瘍の1例.日本臨床細胞学会秋田県支部会誌 2011;17:20-24.
  9. 清水靖,小原幹隆,畠山佑子.【助産外来にも役立つエビデンス&テクニック 妊婦健康診査 パーフェクトマニュアル】 妊娠全期間(産後も含む)を通して 妊娠リスクスコア.ペリネイタルケア  2010;新春増刊:282-284.
  10. 小原幹隆,後藤孝則.【助産外来にも役立つエビデンス&テクニック 妊婦健康診査 パーフェクトマニュアル】 妊婦健康診査のポイント 妊娠後期から分娩まで(妊娠28週以降) 検査・スクリーニング GBS.ペリネイタルケア  2010;新春増刊:140-143.
  11. 小作裕則, 清水靖, 三浦喜典, 妹尾匡人.当科分娩例の妊娠リスクスコアと周産期予後の検討.日本産科婦人科学会秋田地方部会誌 2009;14:3-6.
 
教育活動
  1. 2018/03/03 第12回秋田県県南地区周産期勉強会・新生児蘇生法NCPR講習会(平鹿総合病院)
  2. 2017/07/02 第11回秋田県県南地区周産期勉強会・新生児蘇生法NCPR講習会(平鹿総合病院)
  3. 2017/06/11 第10回秋田県県南地区周産期勉強会・新生児蘇生法NCPR講習会(平鹿総合病院)
  4. 2017/02/04 第9回秋田県県南地区周産期勉強会・新生児蘇生法NCPR講習会(平鹿総合病院)
  5. 2016/10/15 第8回秋田県県南地区周産期勉強会(横手市就業改善センター)
  6. 2016/06/12 第7回秋田県県南地区周産期勉強会・新生児蘇生法NCPR講習会(平鹿総合病院)
  7. 2015/10/24 第6回秋田県県南地区周産期勉強会(平鹿総合病院)
  8. 2014/06/28 第5回秋田県県南地区周産期勉強会(平鹿総合病院)
  9. 2013/11/23 第4回秋田県県南地区周産期勉強会(平鹿総合病院)
  10. 2012/11/10 第3回秋田県県南地区周産期勉強会(雄勝中央病院)
  11. 2012/07/21 第2回秋田県県南地区周産期勉強会(横手プラザホテル)
  12. 2011/07/01 第1回秋田県県南地区周産期勉強会(里乃や 横山店)
 
日本産科婦人科学会周産期登録データベースの事業参加について
当施設では、日本産科婦人科学会周産期委員会が行っている周産期登録事業に参加しています。

研究の概要・背景
この登録・研究は、日本産科婦人科学会会員が所属する施設で、全出産例の母体情報・胎児情報および分娩周辺の関連医学情報を周産期データベースとしてまとめているものです。 本邦の産科領域(妊娠・分娩)の診療の現状を把握することで、さまざまな課題を抽出し、より良い産科医療に反映することを目的とした国内最大の周産期データベースとなります。 当院は、地域周産期母子医療センターとしてこの登録・研究に参加し、周産期の様々な課題の解決に協力していきます。

試料・情報の利用目的・方法(他機関への提供を含む)
当院で分娩されるすべての患者さんについて、妊娠中の経過、分娩の状況について要約したデータベースを作成します。診療記録からの情報を匿名化し、誰の情報かわからないようにした上で、学会に提供しています。 集積したデータは学会で統計解析を行い、最終的な結果を、年次報告として日本産科婦人科学会雑誌や学会ホームページに掲載しています。 毎年掲載されますので、どなたでもご覧になれます。

対象者・期間
当院で分娩されるすべての患者さんを対象としています。

データ利用のお願いと申し出について
これらの臨床データは通常の診療で記録されたもので、患者さんに新たな負担はありません。 また、個人を特定できるような状態でデータを使用することはありません。本研究の目的と、臨床データ利用に関するご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。 なお、本研究に関するさらなる説明をご希望の方、また、本研究において臨床データの利用を希望されない方は下記問い合わせ窓口にご連絡ください。研究不参加を申し出られたとしても、患者さんが不利益を受けることは一切ありません。

【お問い合わせ先】
平鹿総合病院 産婦人科 小原幹隆
〒013-8610 秋田県横手市前郷字八ツ口3−1
電話:0182-32-5121(代),FAX:0182-33-3200




各種ご案内
病院概要
外来のご案内
当院の実績と活動
交通のご案内

職員情報
研修について
職員募集について

その他
カードの利用について
個人情報について
リンク