大きくする標準にする小さくする   お問い合せはこちらから

放射線科

放射線科は、診療放射線技師の集団です。19名の診療放射線技師により、24時間体制で日夜対応しています。

患者さんの身になって
患者さんに不安のない、スムーズな診療を受けていただくために、不安を取るようなわかりやすい検査説明をおこなうとともに「なぜ?」「どうして?」というような、患者さんの声に明確に反応し、納得して検査を受けていただくように努力しています。


正確な情報提供を
私たち診療放射線技師は、患者さんの正確な情報を迅速に提供するために、多くの知識と高度な技術を身につける努力をしています。

 

放射線の業務

放射線診断部門・放射線治療部門の2つにわけることができます。

 

放射線診断部門

放射線診断部門は皆さま方になじみの深い部門だと思いますが、いわゆるレントゲン・CT・MR等の検査をおこなう部門です。
 

@単純X線検査

どなたでも一度は受けたことがあるかとは思いますが、いわゆるレントゲン検査といわれるものです。胸部・腹部・骨などを撮影します。

   

A乳房X線検査

乳房X線検査は単純X線検査の一種類ですが、乳房はX線写真上コントラストがつきにくいので、専用の装置を使用して撮影します。

   

BX線CT検査

X線を使用し、身体の断層像(輪切り像)を撮影する装置です。当院では2台稼働していますが、どちらも従来の撮影に加え、高速らせん撮影ができます。
この撮影法により画像処理を行うことによって、対象部位を立体的に(3次元表示)観察することができます。また造影剤を併用することにより、血管も立体的に観察できます。

   

CMR検

MR検査も身体の断層像を撮影する装置ですが任意の断面(縦・横・斜め切り等)を撮影することができます。当院では2台稼働しています(1.5テスラー)X線を使用せず強力な磁石(磁場)を使用し撮影するので、放射線被ばくの心配はありません。また造影剤を使用せずに、血管を描出することもできます。

   

D胃部X線検査

人間ドックでおなじみですが、バリウムと発泡剤(炭酸)を飲んで胃を撮影する検査です。

   

E管造影検査

カテーテルと呼ばれる細い管を血管内に挿入し先端を目的部位(脳血管や心血管など)にすすめ、造影剤を注入し血管を撮影します。また、狭窄した血管を広げたり、腫瘍に対する塞栓術等も行います。

   

F医学検査

核医学検査とは、ごく少量の放射性同位元素(RI)を体内に投与し、その集まり方を見て病変の有無や病気の状態を調べる検査です。
この検査は性質上形態的な変化を見るよりもどちらかといえば機能的な変化を捉えて診断する検査法です。 尚、使用する放射性物質は極めて微量な放射線しか放出しないので身体に悪影響を与えることはありません。

 

放射線治療

放射線は正常な細胞もがん細胞も殺す力を持っています。がん細胞のように細胞分裂の盛んな細胞ほど放射線の効果が大きいことを利用した治療法が放射線治療です。
さらに、正常な細胞は放射線の障害から回復する力がありますが、がん細胞にはこの回復力がありません。そのため放射線治療では一般的には20回とか30回に分けて、正常な細胞の回復を図りつつ、がんを治療していきます。


よくあるご質問
Q:   放射線診断部門で受ける検査の被ばくの危険性は?
A:   放射線診断部門で行う検査でも、放射線を使わない検査(MR・超音波など)は、被ばくの心配は全くありません。
それでは放射線を使う検査はどうでしょう。
放射線診断での放射線量は少なく、この少ない線量での2次的発がんは確認されていません。
また放射線検査は、その検査による被ばくのリスクよりも検査によって得られる利益が上回る場合にしか行いません。ですから検査が必要だと言われた場合は、心配せずにお受けください。
     
Q:   自然放射線ってなに?
A:   読んで字のごとく自然界の放射線のことで、宇宙からくるもの、地球内部(岩石など)からくるもの、空気中にあるもの等があり、人は誰でも自然放射線により被ばくをしています。
その被ばく量は年間2.4mSv(ミリシーベルト・・被ばく線量の単位)といわれています。
我々放射線作業従事者の年間の被ばく線量限度は50mSv以下と定められています。それに比べるとごく少量といえます。
     
Q:   撮影室では必ず服を脱ぐの?
A:   撮影する部位によって服を脱いでいただく場合があります。
目的とする部位にブラジャーやズボンのファスナーなど撮影のじゃまになるもの(写真上に写ってしまうもの)があるときは、検査時にはずしていただきます。
また、ヘアピン、ネックレス、ピアス、イヤリングなども、その周辺を撮影するときにははずしていただきます。
ただし、当院では着替え用に検査着をご用意していますので、服を脱いでいただく場合でも裸で検査をすることはありません。
     
Q:   胃部X線検査の時、何回もぐるぐる回るのはなぜ?
A:   胃の粘膜にバリウムをよく付着させるためです。
胃の粘膜を詳しく観察するためには、胃液をバリウムで洗い流しバリウムを十分付着させる必要があります。そのためにぐるぐる回っていただいています。
     
Q:   撮影時に息を止めるのはなぜ?
A:   胸部領域や腹部領域にある臓器は呼吸によって移動しています。
撮影はほとんどの場合0.5秒以下で終わりますが、息を止めないとブレの原因になります。
胸部写真の撮影時息を大きく吸ってもらいますが、これは肺をふくらまし描出範囲を広げるためです。
逆に、腹部撮影の時は息を吐いてもらい、腹部の描出範囲を広げています。
また、頭頸部、手、足などの撮影時は息止めの必要はありません。
     
Q:   核医学検査で放射性同位元素を注射しましたが、放射能は身体に蓄積されませんか?
A:   通常の核医学検査で使用する放射性同位元素は、身体の外に排泄されやすい物質を使用しています。
また放射能は時間がたつにつれどんどん弱くなりますので、身体に蓄積される心配はありません。
 
当放射線科では、患者さんの不安に答えるために各種検査に対する説明、放射線被ばくに関する説明を放射線技師がお答えできる範囲で何でもお答えいたします。どうぞお気軽にお声をかけてください。



各種ご案内
病院概要
外来のご案内
当院の実績と活動
交通のご案内

職員情報
研修について
職員募集について

その他
カードの利用について
個人情報について
リンク