大きくする標準にする小さくする   お問い合せはこちらから

栄養科

 栄養科は現在、管理栄養士6名・調理員34名で構成されています。栄養科の業務は『栄養管理に関する事』と『給食管理に関する事』の二つに分かれています。

 

@   入院時に、患者さんごとの栄養状態の評価をおこない、医師・薬剤師・看護師・言語聴覚士等との連携により、栄養状態、摂食機能および食形態を考慮した 、栄養管理計画を作成・実施しています。
A   栄養サポートチーム・褥瘡対策委員会・緩和ケア委員会・糖尿病サポートチームの一員として、患者さん個々の病態に応じた、適切な栄養管理をしています。
B   患者さんやご家族が、自宅でも食事療法が続けられるように、入院・外来を問わず食事指導をおこなっています。個人指導は、予約制で食事指導室にて毎日おこなっており、集団指導は、母親学級、脂質異常・高血圧教室、糖尿病教室を開催して います。


@   様々な食事制限のある方にも、お食事を楽しんでいただけるよう、毎日の昼食と夕食は2種類のメニューから選べる『選択メニュー』を実施しています。
A   季節ごとの『行事食』や、横手地方の手作り『伝統食』は年間40回を超えて提供し、患者さんに喜んでいただいています。
B   お産後のお母様や、お誕生日を迎える方への『お祝い膳』も用意しています。
C   嚥下困難な患者さんには、その状態に応じた『嚥下開始食』『ソフト食』『とろみ食』などを準備して、治療効果を高めるよう努めています。
D   治療により食べる事が困難な患者さんには「食欲不振症食」を準備しています。
E   全てのお食事は、保温保冷配膳車で、患者さんのお部屋まで温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態でお届 けをしています。
 "安全でおいしいお食事を笑顔で" をスローガンに患者さんの1日も早いご回復を願ってお食事を提供しています。


 栄養科では、入院生活に潤いを持っていただけるよう、季節ごとの旬の食材を使用した献立をお届けしています。さらに、地元の食材や伝統・文化を活かした食の提供を心がけ、患者さんに食の大切さや楽しさをお伝えしています。
 こちらでは、各方面で取り上げられている栄養科のさまざまな取り組みを紹介します。
     
  掲示板を開設しています(平成21年4月1日〜)
 栄養相談室(当院1階)前に、さまざまなイベントのご案内や病院食情報など、栄養科発信の情報が盛りだくさんの掲示板があります。ご来院の際には、ぜひ一度お立ち寄り下さい。
    ※こちらより一覧を ご覧いただけます。
     
  第20回病態栄養学会年次学術集会 レシピコンテスト 優秀賞受賞 NEW
  平成28年度 第九回地産地消給食等メニューコンテスト 東北農政局局長賞受賞 NEW
  『たっぷり横手野菜の2週間』(平成27年7月27日〜8月9日 病院エントランス)企画展示をおこないました
  こざき練り(平成26年9月6日付 読売新聞)
  食事に地場産野菜(平成26年8月27日付 日本農業新聞)
  平成25年度「東北地域食育活動コンクール」食育活動表彰審査部会長賞【地場産活用・食文化継承分野】を 受賞しました。(平成26年2月19日)
  第8回JAグループ「ふるさとの味伝承活動」に参加しました(平成24年7月24日)
 

患者に会った食事を(平成21年2月17日付 秋田さきがけ新聞 「きらり☆」)

 

患者に凍み大根を(平成21年1月14日付 秋田さきがけ新聞 「ふきのとう」)

  JA秋田ふるさとさんより、りんごをいただきました。(平成20年12月10日)
  「病焼き(やめやぎ)」でおやきを作り方を教えていただきました。(平成20年12月8日)
  「毎日選択メニュー」のお知らせ(平成20年11月2日〜)
 

病院のご飯( 平成20年8月26日付 秋田さきがけ新聞 「地方点描」 )

  夏のメニュー「こざきねりと冷や汁」(平成20年8月20日付 秋田さきがけ新聞)



各種ご案内
病院概要
外来のご案内
当院の実績と活動
交通のご案内

職員情報
研修について
職員募集について

その他
カードの利用について
個人情報について
リンク